温活で乗り切る!冷え性に「お灸」がいい感じです

ここの所グッと寒さが増してきました。特に今年の冬は厳しく寒い日が多くなりそうとテレビで放送していました。

風邪をひかないように注意が必要ですね。

 

そんな事もあってか、1か月くらい前に冷え性に悩んでいる患者様が来院されました。

かれこれ何年も冷え性に悩まされており、仕事中にも痛みが出たりひどい時には手足の感覚が無くなるくらいにキンキンになり、夜も眠れなくなるくらいに冷たくなるそうです。

冬に靴下を履くのはもちろんの事、夏でも靴下はかかせずお友達との事。

 

過去にも様々な施術を受けたりや冷え性対策をしてきたけれどあまり変化が感じられずとのお悩みでした。

一通り問診をした後、冷え性の原因と思われるに手・足・お腹・背中などを中心に反応をみてみます。

するとそれぞれの場所に反応がみられました。

そこで反応する場所に施術を行っていきます。

 

今回はあえて「お灸」を選択しました。その理由は「冷え性」が主訴だからです。

そもそもツボに対して施術を行うため、もちろん鍼でもいいのですが「お灸」の方が鍼刺激よりも温める力がより強力です。

これにより冷えきった身体を直接温める効果と温熱刺激を与えることにより身体の内部より、外側と内側の両方から温めることを狙っていきます。

火を使うのでヤケドに注意しながらお灸の箇所の変化具合を見ながら最適な状態になるように施術していきます。

 

施術後、初めはキンキンに冷たく肌の色も白みがかっていた手足はほのかに温かくなり、本人もポカポカすると大変喜ばれていました。

その後翌週にも来院され状態を伺ったところ施術当日の夜から変化が現れたようで、お風呂のお湯がいつもより温かく感じ就寝中の脚の痛みも減少し、仕事中毎日のように夕方になると出ていた怠さや痛みが軽減したそうです。

さらに1週間ごとに続けて4回来院されましたが、施術を重ねるごとにポカポカした温かさが1日・2日・3日と長く続き、靴下の厚さが徐々に薄くなってきていると大変喜ばれ、定期的にメンテナンスすることの大切さを実感したとおっしゃっていました。

 

やはり寒さなど冷たい刺激に対しては温かい刺激を加えてあげた方が効果が高いですね。

今年は去年以上に寒さが厳しくなるようなので早めの対策を心がけることをお勧めします。

きたさいたま鍼灸整骨院|埼玉県加須市常泉2-5|Tel0480-53-5963

-スタッフブログ
-, ,

© 2021 きたさいたま鍼灸整骨院