症例 足裏を刺すような刺激 足底腱膜炎

足底腱膜炎

傷病説明

カカトから指先に伸びている足底腱膜(そくていけんまく)という組織があります。様々な原因で足底腱膜に負担がかかると、炎症や微細な断裂が発生して症状が発生します。

踵から土踏まずにかけて、刺すような刺激を受けます。特に、歩き出し時の数歩が酷いという特徴があります。

 

目安期間

大きな症状が回復するまでの見込み期間 : 7日 ~ 10日程度
日常生活に復帰するまでの見込み期間 : 2週間 ~ 3週間

 

施術方針

踵~足底腱膜へかかる負担を減らす施術を行います。症状に合わせて、鍼灸療法、超音波療法、電気療法・手技療法など施術を行い、その後は経過や症状に合わせ通院周期をお伝えします。

 

アドバイス

足底腱膜に負荷がかかる、屈伸・踏み込み・ジャンプ・つま先立ち動作・激しい運動はしばらく控えて下さい。

早期回復に向け、タオルを床に敷き足の指だけでタオルを引き寄せる運動(5~10回)や、足の指をつかんで反らすストレッチ(30秒×5セット)を行って下さい。

症例一覧はこちら

※ 症状や状態の程度には個人差があり、施術期間の目安や施術方針は変化しますのでご注意ください。

  また、状態が一向に回復しない場合は、専門の病院への受診をおすすめしております。

更新日:

Copyright© きたさいたま鍼灸整骨院 , 2018 All Rights Reserved.