超音波療法

超音波療法

超音波を使うことにより、熱を深部(骨)にまで到達することが可能な温熱療法機です。

損傷部や原因となっている筋肉の緊張などに直接、熱を加えることにより血流促進、 回復促進などの効能が期待できます。

人間には聞こえない高い周波数の音(超音波)を施術に応用したものが超音波療法です。超音波には骨の回復を促す作用もあり、骨折の際にも利用されています。

また近年ではスポーツ選手の身体のケアにも使われており、熱や光などの物理的なエネルギーを使う施術としては世界的に利用されている施術方法のひとつです。


2_sejyutu_us2

 

超音波の作用

患部を立体的に直接温める、立体加温

超音波が生身体の深部に進む過程で生じる熱で、温熱作用を発生させ、超音波が到達している範囲を立体的に温めます。

1秒間に数百万回の、高速度ミクロマッサージ作用

超音波が体の深部に進むと高速の振動が縦に伝わり、1秒間に数百万回のミクロマッサージを行います。手技によるマッサージの数倍の圧力を、深部に直接与えることができます。

 

超音波の効能

血管拡張作用

温熱作用による血行の促進

鎮痛作用

筋のミクロマッサージによる緊張緩和、知覚神経への作用

修復促進作用

細胞膜の透過性増大作用と温熱作用による新陳代謝の促進

更新日:

Copyright© きたさいたま鍼灸整骨院 , 2018 All Rights Reserved.