症例 背中痛 背部痛

背部痛

傷病説明

様々な原因で背中の筋肉が緊張したり、骨格が歪んだり、動きが悪くなったりして、症状が出ています。背中痛・重苦しさ・動きの制限などが出ています。

 

目安期間

大きな症状が回復するまでの見込み期間 : 3日 ~ 5日程度
日常生活に復帰するまでの見込み期間 : 1週間 ~ 2週間

 

施術方針

炎症を引かせる施術と、傷んでいる組織を修復させるための施術を行います。

鍼灸療法・超音波療法・電気療法・手技療法・テーピング固定など症状にあわせて施術を行い、その後は経過や症状に合わせ通院周期をお伝えします。

 

アドバイス

症状(炎症)を助長させないように1週間程度は飲酒・熱めの温度での入浴・長時間の入浴を控え、シャワーや短時間での入浴を心がけてして下さい。

長時間のうつ向き姿勢・猫背姿勢・重い物を持つ等は症状が増長されますのでご注意下さい。

症例一覧はこちら

※ 症状や状態の程度には個人差があり、施術期間の目安や施術方針は変化しますのでご注意ください。

  また、状態が一向に回復しない場合は、専門の病院への受診をおすすめしております。

更新日:

Copyright© きたさいたま鍼灸整骨院 , 2018 All Rights Reserved.