症例 太もも外側痛 腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん) ランナーズニー

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)

傷病説明

骨盤の外側から太ももの外側を通って、スネの外側まで走行している腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)という靭帯があります。この靭帯と大腿骨外側の突出(上顆(じょうか))が摩擦を起こすことで症状が生じます。

長距離を走る人の発症が多く、ランニング後などに症状が出現し休むと治まります。重症化すると膝の曲伸が困難となったり、膝を伸ばしたままで歩くといった状態になる場合があります。

 

目安期間

大きな症状が回復するまでの見込み期間 : 7日 ~ 10日程度
日常生活に復帰するまでの見込み期間 : 2週間 ~ 3週間

 

施術方針

患部の炎症症状を引かせるための施術をします。

また症状に合わせて原因となっている筋肉の緊張をほぐすため、鍼灸療法、超音波療法、電気療法、手技療法を行い、その後は経過や症状に合わせ通院周期をお伝えします。

 

アドバイス

膝に負荷が掛かる屈伸動作、激しい運動、度を超えた長時間・長距離のランニング、同じ練習メニューの繰り返しなどは控えて下さい。

十分な安静と患部を保冷剤などでアイシング(冷却10分安静20分×3セット)が大切です。

症例一覧はこちら

※ 症状や状態の程度には個人差があり、施術期間の目安や施術方針は変化しますのでご注意ください。

  また、状態が一向に回復しない場合は、専門の病院への受診をおすすめしております。

更新日:

Copyright© きたさいたま鍼灸整骨院 , 2018 All Rights Reserved.