ウォーターベッド療法

ウォーターベッド療法

古代ヨーロッパに発祥する「マッサージ」や中国に始まる「按摩」、日本の「指圧」などの手技療法は、古来より慢性疲労の回復等に有効な施術方法として受け継がれてきました。

その手法は現代社会においても、慢性疲労はもちろん、ストレスによる疲労回復などに民間療法としてのみならず整形外科や内科領域などの医学分野でも活用が広がっています。

 

ウォーターベッドタイプならではの浮遊感に抱かれながら、「水」の流体特性を応用し、「手技療法」と同様の力強く・心地よい刺激をつくりだします。

「さする」「こねる」「もむ」「おす」「たたく」「なでる」「のばす」の7種類のマッサージパターンを採用。ノズルの移動スピードを調節する「可変速ノズル制御機能」により、きめ細かなマッサージを再現し、多彩な「手技療法」を可能にしています。

 

ローラーによるマッサージでなく、心地よい圧力での水圧マッサージで、筋肉の凝りや不調をやわらげます。腰が曲がっていたり、痩せたお年寄りの方でも、安心して心地よい水圧マッサージが受けられます。

2_sejyutu_wb2

 

ウォーターベット療法の特徴

  • 体型を選ばない
  • 手もみのような心地よい刺激
  • 圧迫感がない
  • 全身をまんべんなくマッサージ可能
  • リラクゼーション
  • 腰の曲がっているご高齢の方も利用可能

 ウォーターベッド療法の効能

  • ストレス発散
  • 血液循環の促進
  • リハビリテーションの応用
  • 筋肉疲労物質を流す
  • 心と体のリラクゼーション
  • 末梢の血行促進

menu-wb

 

更新日:

Copyright© きたさいたま鍼灸整骨院 , 2018 All Rights Reserved.