坐骨神経痛

座骨神経痛

kiji_zakotu

 

こんな症状ありませんか?

  • おしり~脚にかけて神経に沿ったシビレ・違和感・不快感
  • 洗顔や前かがみの時、おしり~脚にかけてのシビレ・違和感・不快感
  • 上向きで寝ていていると、おしり~脚にシビレ・違和感・不快感がでる
  • 長時間立っていられない

 

坐骨神経痛について

坐骨神経とは、腰から出る神経が束になり太くまとまり、お尻を通り、脚に向かって伸びる神経の事をいいます。

この神経が、腰の骨や椎間板ヘルニア、筋肉等による圧迫や刺激を受け出現するシビレ・違和感・不快感のことを、坐骨神経痛と呼びます。

一般的には腰痛から発症し、お尻や太ももの裏側、ふくらはぎ、足先まで神経に沿ったシビレ・違和感・不快感が徐々に出現してきます。

 

坐骨神経痛の原因

パソコン作業のデスクワークで同じ姿勢を取り続けていたり、車の運転のため毎日長時間座っているという方、立ち仕事のため長時間の立ち姿勢を取られている方等に起こりやすく、元々腰痛が持病である方は坐骨神経痛にも注意しなければなりません。

 

坐骨神経痛の施術方法

手技療法で原因となる個所をみつけながら、その周辺部の筋肉に対してほぐしていくように施術を行います。

また症状が酷い方は鍼療法も一緒に併用することをおすすめしています。

お尻や腰の筋肉は厚みがあるため、手では届かない深い場所のコリや硬結を鍼で刺激ができます。

そのため一層、高い施術作用が期待できます。

更新日:

Copyright© きたさいたま鍼灸整骨院 , 2018 All Rights Reserved.