肩こりを色々な角度から立体的にとらえます

更新日:

 

首~肩~背中にかけて張りが強く、俗にいう『首こり・肩こり・背中こり』が酷くて来院した白岡市在住の患者様。会社の同僚の方がおすすめしてくださり紹介で来院されました。

自覚症状だけでも、コリ・吐き気・頭痛・指先の冷たさ・しびれを訴えます。

問診の最中、肩や首の関節の動きを見ていきます。すると肩甲骨周りの筋肉がガチガチにこわばり、可動域の制限が見られます。

こうなってしまうと筋肉が肩甲骨を介して周りの筋肉を引っ張てしまいます。すると肩甲骨のポジションが悪くなります。肩のコリ部分だけを施術をしても直ぐに不調が出てきてしまいます。

そこで肩の周りの筋肉を、平面の一方的な方向から見るだけではなく、立体的にとらえ、前面・後面・側面と色々な方向から固くなった筋肉に対して、超音波・置き鍼・手技・物理療法を行いアプローチをしていきます。

術後は猫背気味だった背筋もすっきりと伸び、指先の冷たさ・しびれも楽になったと喜んで帰宅されました。

コリ以外の症状が出ている場合、肩甲骨の周りの筋肉からアプローチしてみる事をおすすめします。

長年かけて出てきた肩のコリ、1回で完全に取り切ることはなかなか難しいです。早く良くする為にも、原因となる部位の特定と定期的な継続した施術が大切ですね。

 

肩こり、筋肉疲労などの施術は厚生労働省からの指導により保険適応の対象外となりますが、自費にて施術が可能です。

 

当院へのアクセス情報はこちら

交通事故に遭われたら

きたさいたま鍼灸整骨院|埼玉県加須市常泉2-5|Tel0480-53-5963

-スタッフブログ
-, , , ,

Copyright© きたさいたま鍼灸整骨院 , 2018 All Rights Reserved.