スポーツ傷害

スポーツ傷害

kiji_sports3

 

スポーツ傷害とは

スポーツによる運動器の外傷(相手との接触や捻挫、転倒などにより、1回の瞬間的な外力によって起こるケガ)と、スポーツを続けることで起きる身体の障害(一定の動作を繰り返し加えられることによって慢性的に起こるケガ)の総称です。

 

スポーツ障害(慢性的に起こるケガ)の原因

スポーツ選手やスポーツ愛好家などにみられ、オーバーユース(使いすぎ)が原因となることが多いです。

主なものの一部に野球肘、テニス肘、野球肩、ジャンパー膝、シンスプリント、アキレス腱炎等と呼ばれているものがこれに当たります。

激しく繰り返される練習などで起こることが多いが、テクニックの未熟さや体力・筋力・柔軟性の低下なども原因の一つです。

 

スポーツ傷害の施術法

急性期のケガにつきましては基本的にはRICE処置を施します。RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。

まずは安静にした状態で、患部を氷やアイスパック等で冷やし、傷ついた血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。また患部を心臓より高く上げることにより炎症や腫れをより一層出にくくします。患部の炎症やむくみ等は早期回復を目的に適度な圧迫と可動域の制限を加えます。

慢性期のケガにつきましては、患部だけを診るのではなく、その部位と連動して動く関節や筋肉等も一緒に診ていきます。患部だけでなく周辺関節の可動制限や、筋肉・靭帯などの組織を回復させることで、 効率的かつ短期間に復帰できるようにしていきます。

なぜそうなったかの原因を探求します。負傷した部位の機能を維持し限られた範囲の中で、可能な運動や動かし方、年齢、スポーツ頻度など生活習慣を考慮し説明いたします。

 

更新日:

Copyright© きたさいたま鍼灸整骨院 , 2018 All Rights Reserved.